フラダンサーのヘアースタイル

 

 雨降りの一日、午前のマクアクラスのレッスンを終えて、自宅に帰ってのんびりの時間を過ごせました。

 先日、髪を切り、整えました。 『え~~どうして~~』 と言われそうですが、髪の傷みが進み、

 ブラシが髪の先端まですんなり通らなくなっていました。

 毎日、髪を引っ張って梳かしていたような状態でした。

 フラダンサーにとって髪はとても大切なもので、古代ハワイアンは髪は伸ばし続けていたそうです。

 髪にはマナが宿り、長いほどマナが強くなるので、よいフラを踊るためには長い髪は

 大事なものだったとの事です。

 私もフラを始めた時からずっとロングヘアーをしてきましたが、面倒くさがりの性格ゆえ、手入れを

 怠り、髪はしょーがないか~~と私のおしゃれの関心の枠外に追いやられていました。

 でも、フラをしていなくても髪は『女のいのち』ですよね。

 もっと、大事にしなくちゃと思い切って、痛んだ部分を切りました。腰までの長さが理想の

 フラダンサーにはふさわしくないのかもしれませんが、レイヤーを入れたセミロングになりました。

 あ~~これでマナが減ってフラのパフォーマンスが弱くなってしまうのかな・・・・?

 いや~~そんな弱気ではダメ!!もっとレッスンして素敵なフラを踊れるように精進します。

 

 フラダンサーは髪を長くすることが当たり前のように思われているようですが、生活の事情で長くできない

 人もいます。ショートヘアだから、フラができないとか、フラへの気持ちが足りないとか、そんな事は

 ないと思っています。

 フラを愛し、ハワイの歴史や文化を理解して大切に思う気持ちがあれば、髪の長さは制限されなくても

 よいと思います。

 ただ、舞台などでコスチュームやレイをおそろいにしているのに、髪型だけがばらばらでは

 調和がとれません。

 髪の短い方はウイッグをつけたり、顔がはっきり見えるようなセットをして工夫して

 いただくとよいでしょう。

 

  UCHIDA

  

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031